『ひとりでもSOCIETY』

sendagi painters societyは笑った

作家名の由来を聞いたときの答えがこれだったのだ。

ジョークなのかと思ったが、どうもそうではないらしい。至って真面目な回答なのだ

 

仕方ないのでいろいろと観察をしてみた。

アパレルのテキスタイルデザインでは緻密なタッチを披露し、油彩、テンペラでは塗りたくる。そして時にはイラスト、手描きのアニメーションも披露する

 

はたして謎の多い人物だ。

 

rock, painting, simple

 

ひとりが描いたとは思わせないその作品たち。わかった!そうなのだ、決して同一人物と悟らせない作風がSOCIETYと名乗らせているのだ。

 

その展示はなにが飛び出すかわからない。

楽しみであるのだ。