94年、15歳でカナダに渡った小長井は、その思春期の大半を異郷で過ごした。

それは彼女を育んだふたつの大地の融合であったと言える。

異なる2つの文化は彼女の感性を鋭く磨き上げた。

極色彩からモノクロームまでの超色彩...

 

カナダでの作品は、美しい発色と甘美なノスタルジーを感じさせる表現であり

彼女の内面を鮮やかに映し出していた。

08年の帰国の後、小長井は新たな撮影に取り組む。

それは日本の風土が持つ奥深い陰影と、喜びと悲しみのアンビバレンスであった。

全てモノトーンの湿版写真で語る。

張り詰めたシリアスなモノトーンの色彩、生きる日々の喜びとメランコリックな

思いが交錯する物憂げな視線、不安と希望が交わるかのような淡いフォーカス...

 

果たして何が浮かび上がってくるのだろうか?

それは今を生きる女性の光と影がリアルに投影されているのだ。

 

プロフィール

1 9 7 8 年静岡生まれ。9 4 年にカナダに

留学。トロントにて写真を学ぶ。

アシ スタント経験後、独立。

トロントにてアート・広告写真活動を

行う。 2 0 0 6 年 S u g i n o S t u d i o にてA s s o c i a t e P h o t o g r a p h e r として

活躍。0 8 年に帰国後は企業広告

ファッション広告活動に従事。

 

 

 

Yuuko konagai Solo Exhibition

w w w . y u u k o k o n a g a i . c o m

w w w . y u u k o . c a